デバスの副作用

現在パニック障害の治療に有効な薬として使用されているデバスですが、その一方で、デバスには副作用もいろいろとあるようです。
代表的なものとしては、個人差もありますが、倦怠感、脱力感、めまい、眠気、ふらつき、などです。
ひどい人になると、ろれつが回らなかったり、うまく歩けない、頭痛がする、口が渇く、場合によっては黄疸が出るなどの肝機能障害を起こす可能性もあるようです。
また、デバスを服薬すると眠気があったり注意力が散漫になったりすることもあるので、自動車の運転なども避けたほうがいいでしょう。
パニック障害の治療においてデバスを常用すると依存性、耐性ができてしまうことでも知られています。
つまり、長期間デバスを使用すると体が薬に慣れてしまって、効きが悪くなってしまうのです。
さらには、飲み続けていると依存性が出てきてしまい、止められなくなる人もいるようです。
服薬を無理に止めると禁断症状が出ることもあり、パニック障害の治療へ支障が出かねません。


高校受験勉強法マニュアルDVD | 口説かずに女が落ちる究極の方法 | プログラマー学校

パニック障害とは

パニック障害とは「パニック発作」と呼ばれる発作を恐れるがあまり様々な不利益を被ってしまう病気で精神・神経の疾患の一つです。
昔は不安神経症と呼ばれていました。
代表的な症状として、強い不安感があり、めまいや冷や汗、動悸や吐き気といった不快な症状が一気に襲ってくる「パニック発作」を恐れるがあまり、「予期不安」という状態に陥り、日常生活における行動が著しく制限されてしまうのです。
「予期不安」の不安とは?
危機に陥った時に発動する危機回避能力の一つです。
誰しも、不安を感じたら不安症状が出るようにもなっていますし、非常事態などに遭遇した時には不安を感じるようになっています。

「動悸」
これは、非常事態を察知した時に、脳が鼓動を早くして酸素や血液を全身に送り込み、即座に危機を回避するための行動を起こせるようにしているのです。

「吐き気」
これは、非常事態には直接関係ないであろう消化器系の働きを落とし、その分非常事態に対応する行動に充てられるようにしているのです。

このように不安症状は、非常時にはそれぞれ意味のある働きで、人間が生きていくために必要な機能・能力なのです。
必要のない時に、この不安症状が出てしまうのが「パニック発作」です。
パニック発作に対し過剰に恐怖を感じてしまうことを「予期不安」といいます。
「またあの発作が起きたらどうしよう?」「パニック発作が起きたらどうしよう?」
などと予期不安が付きまとうことで普段どおり行動できなくなるのが「パニック障害」です。


アルトサックス講座 | バレーボール上達方法 | キャバ嬢口説きテクニック

予期不安とは

何度もパニック発作を経験していると、また再発するのではないかと心配したり、不安になったりします。
このような状態を予期不安といいます。
予期不安は、実際に危機に直面しているのではなく、危機に対して漠然といだく心配や不安です。
具体的には、「発作が再発するのではないか」「気が狂ってしまうのではないか」「このまま死んでしまうのではないか」などと考えてしまうのです。
発作を起こす回数が減っても、予期不安は完全にぬぐいさることが難しく、長く続くことが多いという特徴があります。


公務員面接試験一発合格 | 二級建築士 簡単合格法 | 英検1級突破講座

広場恐怖とは

過去にパニック発作が起きた場所に行くと、また発作が起こるのではないかと恐れて、その場を避ける行動を言います。
対象となる場所としては、
「逃げ出したいと思ってもすぐに逃げさせない場所」
「発作が起こっても、助けを呼べない場所」
「発作が起こった時に、恥をかきそうな場所」
パニック障害の患者の8割以上が、この広場恐怖を持っています。

広場恐怖の主な場所としては
「電車、バスなどの交通機関に乗ること」
「トンネル、橋、エレベーターなど」
「狭い場所に閉じ込められること」
「トンネル、橋、エレベーターなど」
「広い場所や人ごみの中」
などがあります。


初心者の為の中国語講座 | フランス語上達法 | 日商簿記検定2級短期合格

パニック障害の原因

身に危険を感じたときに多く分泌されて身体に警告をあたえる、脳の中の警報装置の役目を果たす「ノルアドレナリン」という神経伝達物質があります。
それが誤作動で、危険な状態でなくても警報装置を鳴らしてしまうのです。
一旦誤作動を起こし、パニック発作という恐怖を味わってしまうと、脳の中に「不安を感じる→発作を起こす」という連携ができあがってしまい、たびたび発作が起こってしまうのです。


韓国語上達法 | 英会話上達法 | TOEIC完全攻略方程式

パニック障害になりやすい人

パニック障害の日本人の生涯有病率は、約3%です。
男性より女性の方が2倍ほどなりやすいようです。
なかでも
・神経質な人
・ストレスに弱い人
・完璧主義な人
などがパニック障害にかかりやすいようです。
そうでない人でも、強烈なストレスで一時的にパニック障害になってしまう人もいます。


ケアマネ合格勉強法 | 大学受験勉強法 | 電験3種に短期間で合格

パニック障害とうつ

繰り返し起こるパニック発作に怯えて予期不安が始まってしまうことにより、「学校や仕事に通えない」「乗り物に乗れない」「人ごみのあるところへ行けない」など、思うように行動できなくなることがあります。
そして思うように生活できなくなることから「二次的うつ」と呼ばれるうつ状態を併発することがあります。
こういったことに対して虚しさを募らせてしまい、うつ状態へと陥ってしまう場合があります。
これは、まったく自分が体験したこと、そのままです。
あの頃は本当に辛かったです。
まだパニック障害という病気を知らなかったし、自分に何が起こっているのか全くわからず、このままいったらどうなってしまうんだろう、と思いました。
まだ高校生でしたし、将来真っ暗でした。
パニック障害によって生み出された二次的うつ状態は、本当に辛いものです。
しかし二次的うつは、文字通りパニック障害の二次被害。
パニック障害が治れば自然と治ります。
また昔のように日常生活が楽しくなります。
パニック障害やうつは、絶対に治ります。
今は辛いかもしれませんが、最後まで諦めずに頑張って下さい。


マイクロソフト・オフィス動画パソコン教室 | ちばき屋のラーメンレシピ | ネイティブ英語ボイストレーニング

電車に乗る方法

パニック障害の人が一番恐怖に感じることは、発作が起こったときに逃げられないような場所に自分が居るときにパニック発作を起こしてしまうことです。
「もし、こんな所で発作が起こったら」と思っただけで非常に不安や恐怖を感じます。
ですから、パニック障害の方は人ゴミの中や、エレベーターや映画館などの密閉された場所に行くことができなくなってしまうのです。
パニック障害のせいで電車に乗ることができなくなってしまったとしても、まず、駅まで行ってみる。
改札を通ってホームに出てベンチに座ってみる。
しばらく行き来する電車を眺めてみる。
などと、徐々に慣らしていきます。
慣れてきたら、まずは各駅停車に乗って次の駅で降りる。
混んでる電車は避け、ゆっくり座っていける電車を選びましょう。
そして発作が起きたらすぐ降りられるようドアの近くに座る。


ビジネスデッサン&スケッチ術 | ペン字上達「伝統山下流」 | 谷先生のワンステップ手話講座

何か安心する物を持って電車に乗ろう

「これを持っていれば安心する」と思えるものを携帯しましょう。
何でもいいのです。飴でもガムでもお守りでもいいです。
気が紛れるというのなら何でもいいです。
音楽プレーヤーでもいいかもしれません。


社労士試験短期一発合格 | 行政書士試験短期合格術 | グループホームマニュアル

万が一パニック発作が起きたら

もし、電車に乗っている最中にパニック発作が起きたらって考えると不安ですよね。
でも大丈夫。次の駅で降りましょう。
各駅電車なので3分もあれば着きます。
自分で大丈夫だと暗示をかけるのです。
もし発作が起こっても「深呼吸をすれば治る」「席に座っているから大丈夫」などなど・・・
そして慣れてきたら徐々に乗る区間を増やしていきます。


乙種第4類危険物取扱者 | 自分を洗脳するソフト | ピアノ指・習得プログラム