パキシルの副作用

個人差がありますが、時期としてはパキシルの服薬を開始してから1~2週間後に一番ひどく出ます。
その時期を過ぎれば徐々に副作用はおさまってきます。
症状としては、めまいや眠気、吐き気などです。
便秘になる、食欲が落ちる、口が渇く、といった症状を訴える人もいます。
それから、パキシルの服薬を急に中止してしまうと、吐き気、頭痛、めまい、ふらつき、などといった離脱症状が現れることがあります。


高卒認定試験1発合格 | バッティング上達法 | 日刊コンピ指数