抗不安剤

もう1種類は、うつ病の患者さんに使うのと同じもので、ベンゾジアゼピン系抗不安剤です。
パニック障害の症状で、パニック発作と予期不安に対して有効です。
メリットとしては使用効果が早く出るということです。
デメリットとしては、食欲不振、吐き気、眠気、などの副作用があります。
また、常用すると依存症になったり、使用をやめると禁断症状が出たりもします。


社労士試験短期一発合格 | 行政書士試験短期合格術 | グループホームマニュアル