抗うつ薬

現在パニック障害の治療に使われる抗うつ剤の代表はSSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)です。
脳内にある不安(セロトニン)を抑えてくれる神経伝達物質を増やし、パニック障害の症状を改善させてくれます。
長期間の服用も可能で副作用が少ないことがメリットです。
特にうつ症状、広場恐怖、には非常に有効です。
デメリットは治療効果が出るのが遅いということもありパニック発作の抑制自体にはあまり効果がないといわれています。


ビジネスデッサン&スケッチ術 | ペン字上達「伝統山下流」 | 谷先生のワンステップ手話講座