脳内物質「セロトニン」

まず、セロトニンとは何なのか?
セロトニンとは人間の精神活動に大きな影響を与える「トリプトファン」という必須アミノ酸から生成される脳内神経伝達物質です。
主に、「やる気」や「元気」を司る物質で、これが少なくなったり、正常に働かなくなると、
「なんとなくダルい、やる気が出ない」
「ストレスに弱くなり、不安を感じやすくなる」
「朝起きてもなかなかシャキっとしない、行動が遅い」
「集中力が切れやすくなってしまい仕事が進まない」
こういった症状に陥りやすくなります。
パニック障害を抜きに考えても、軽視してはいけない存在で、いかに大事か分かると思います。
では、どうすれば強いセロトニンが増やせるのか?
セロトニンはリズム運動によって鍛えられると言われています。
一定のリズムで行なう腹式呼吸や、ジョギング、ウォーキング、ガムを噛む、などにより、セロトニンは強くなり、良質なセロトニンの量を増やすことができるのです。
セロトニンを意識し、そして鍛えることはパニック障害を治す上で非常に大事です。


マイクロソフト・オフィス動画パソコン教室 | ちばき屋のラーメンレシピ | ネイティブ英語ボイストレーニング