パニック障害に有効な薬

治療には薬が非常に有効だとよくいわれています。
なぜならパニック発作が薬でコントロールできるからです。
しくみは、脳内にある神経細胞が、何らかの理由によって誤作動を起こし、危険な状態ではないにも関わらず警報を出してしまうことで体が発作を起こしてしまうということがわかっています。
神経細胞はある一定量を越えて刺激を受け続けて興奮が高まってくると、次第に興奮の度合いが低くても興奮が引き起こされるという性質があるのです。
ですから、非常事態を平常な状態にし発作を止めることが、薬によって興奮を鎮めることで、できてしまうわけです。
治療では、まずパニック発作を抑えることが必要なので一般に抗うつ剤と抗不安剤の2種類を使用します。


ケアマネ合格勉強法 | 大学受験勉強法 | 電験3種に短期間で合格