治療にかかる期間

個人差がありますが、パニック障害だということに早く気が付くことができて、専門医のいるクリニックで治療を開始すれば、早い人で3カ月もすれば治まる人もいます。
薬が非常に有効に作用するので、治療が早ければ、服薬を始めてから1、2カ月間くらいでほぼ完全にパニック発作の症状を抑えることも可能です。
ただ、治療の間にうつ病や睡眠障害、アルコール中毒、過食症など、ほかの病気を併発してしまい、パニック障害を慢性化させてしまった場合は、かなり長引く場合もあります。
5~10年ぐらい治療をつづけている方も少なくありません。


初心者の為の中国語講座 | フランス語上達法 | 日商簿記検定2級短期合格