食事療法

一番の原因と言われているのは、「脳内神経伝達物質の不足」なのです。
摂取した栄養を元に脳内物質は生成されます。
ですから脳内物質生成の元となる栄養を増やして、セロトニンなどの脳内神経伝達物質を増やしてしまえばいいのです。

・トリプトファンを多く含む食品
セロトニンの元となるアミノ酸である「トリプトファン」。
これは体内では作られないため、食物から摂取するしかありません。
トリプトファンを多く含む食品は、肉・納豆・たらこ・すじこ・バナナ・乳製品・ピーナッツ・アーモンドなどです。
ですが、トリプトファンだけ摂ればいいというものではないので、バランスの良い食事を心掛けてください。

・発芽玄米
抗不安物質である「ギャバ」を多く含む発芽玄米です。
ギャバを特別多く含む発芽玄米を摂取することは、不安やストレスを抑えてくれるそうです。
しかも発芽玄米は非常に健康に良い食品ですので、食べて損はありません。

・エゾウコギ
エゾウコギは、朝鮮人参と同種で、ウコギ科の植物。
主に、「抗ストレス作用」や「疲労回復」に効果があると言われています。
ストレスは万病の元ですから抗ストレス作用のあるエゾウコギの摂取は、パニック体質改善だけでなく健康体でいることにも貢献してくれそうです。


公務員面接試験一発合格 | 二級建築士 簡単合格法 | 英検1級突破講座