呼吸療法

呼吸でパニック障害を克服できる?
実際に私もよくやった方法です。
実際パニック発作が起こると自律神経が大きく乱れ、「息苦しくなる」「吐き気がする」「動悸が激しくなる」などの辛い自律神経症状が出ます。
ですが、残念ながら自律神経は人間の意志で自由に調整できるものではありません。
しかし、人間の意志で整えることのできる自律神経が一つだけあります。
それが「呼吸」です。
呼吸によって自律神経を落ち着かせ、不安を抑制したりすることが可能なのです。
具体的には「腹式呼吸」を行うのです。
腹式呼吸は自律神経を整える為には有効な呼吸法で、胸部をなるべく動かさずに、腹部を出したり引っ込めたりしながら呼吸を行ないます。


アルトサックス講座 | バレーボール上達方法 | キャバ嬢口説きテクニック