暴露療法

例えば、パニック発作が電車に乗っているときに起こったとすると、これから先も電車に乗るたびに発作に襲われるのではないかという不安と恐怖にとりつかれてしまいます。
ですが、「電車に乗る」という行為と「パニック発作が起こる」という現象は何ら関係のないことなのです。
それをパニック障害の患者さん自身が、条件反射のように結び付けて思い込んでいるところを、実際体験してもらうことによって相互関係がないことを実感してもらうのが暴露療法です。
要するに、パニック障害の方に実際電車に乗ってもらって発作が起きないということを体験してもらうわけです。


マイクロソフト・オフィス動画パソコン教室 | ちばき屋のラーメンレシピ | ネイティブ英語ボイストレーニング