パニック障害は遺伝する?

遺伝的な要素があるのかどうかは気になるところですが、いくつかの信頼おける調査によると、普通の一般の健康な人に比べてパニック障害の患者さんの家族には、パニック障害を患ったことがある人が8~10倍も多いというデータが出ています。
また、双子の兄弟の場合、片方の方がパニック障害を発症した場合、もう一人の方も同じようにパニック障害になる確率は、一卵性の場合で24%、二卵性の場合でも11%という報告があります。
ですが、実際にはパニック障害の遺伝子というのは発見されていません。
ですから医学的には遺伝する病気ではないと言えるのです。


公務員面接試験一発合格 | 二級建築士 簡単合格法 | 英検1級突破講座