患者さんの性格的傾向

イギリスのマークス教授は、パニック障害の患者さんが持つ性格特性として「心配性」「依存的」「協調的」「気がやさしい」という傾向があると言っています。
また、オックスフォード大学の教授で、デビット・クラーク博士は、パニック発作を頻繁に起こしてしまう人は、何の危険もないような状態でも、重大で危険な状態かのように受け取って、非常にその状態を恐れ、不安になる傾向があると言っています。
これは、パニック障害の原因が、こういった性格傾向であるからということではありませんが、あまり神経質であるよりは、図太いぐらいの人のほうがいいのかもしれませんね。


アルトサックス講座 | バレーボール上達方法 | キャバ嬢口説きテクニック