脳の機能障害

原因として、今一番多く言われているのは“脳の機能障害”によって起こるという説です。
脳には危険が迫ったときに警告をしてくれるノルアドレナリンという神経伝達物質を生成する青斑核(せきはんかく)という部分があります。
このノルアドレナリンの分泌に異常が起こることで、脳の警告装置が誤作動を起こしてしまい、危険ではないのにノルアドレナリンを過剰分泌させてしまうと、必要以上に不安感を増し、パニック発作を引き起こすといわれています。
また、セロトニンという神経伝達物質(ノルアドレナリンが過剰分泌されないよう抑えてくれる)が不足してしまうこともパニック障害の原因の一つだと言われています。


高校受験勉強法マニュアルDVD | 口説かずに女が落ちる究極の方法 | プログラマー学校