パニック障害の原因

身に危険を感じたときに多く分泌されて身体に警告をあたえる、脳の中の警報装置の役目を果たす「ノルアドレナリン」という神経伝達物質があります。
それが誤作動で、危険な状態でなくても警報装置を鳴らしてしまうのです。
一旦誤作動を起こし、パニック発作という恐怖を味わってしまうと、脳の中に「不安を感じる→発作を起こす」という連携ができあがってしまい、たびたび発作が起こってしまうのです。


韓国語上達法 | 英会話上達法 | TOEIC完全攻略方程式