広場恐怖とは

過去にパニック発作が起きた場所に行くと、また発作が起こるのではないかと恐れて、その場を避ける行動を言います。
対象となる場所としては、
「逃げ出したいと思ってもすぐに逃げさせない場所」
「発作が起こっても、助けを呼べない場所」
「発作が起こった時に、恥をかきそうな場所」
パニック障害の患者の8割以上が、この広場恐怖を持っています。

広場恐怖の主な場所としては
「電車、バスなどの交通機関に乗ること」
「トンネル、橋、エレベーターなど」
「狭い場所に閉じ込められること」
「トンネル、橋、エレベーターなど」
「広い場所や人ごみの中」
などがあります。


初心者の為の中国語講座 | フランス語上達法 | 日商簿記検定2級短期合格