デバスの副作用

現在パニック障害の治療に有効な薬として使用されているデバスですが、その一方で、デバスには副作用もいろいろとあるようです。
代表的なものとしては、個人差もありますが、倦怠感、脱力感、めまい、眠気、ふらつき、などです。
ひどい人になると、ろれつが回らなかったり、うまく歩けない、頭痛がする、口が渇く、場合によっては黄疸が出るなどの肝機能障害を起こす可能性もあるようです。
また、デバスを服薬すると眠気があったり注意力が散漫になったりすることもあるので、自動車の運転なども避けたほうがいいでしょう。
パニック障害の治療においてデバスを常用すると依存性、耐性ができてしまうことでも知られています。
つまり、長期間デバスを使用すると体が薬に慣れてしまって、効きが悪くなってしまうのです。
さらには、飲み続けていると依存性が出てきてしまい、止められなくなる人もいるようです。
服薬を無理に止めると禁断症状が出ることもあり、パニック障害の治療へ支障が出かねません。


高校受験勉強法マニュアルDVD | 口説かずに女が落ちる究極の方法 | プログラマー学校