脳の機能障害

原因として、今一番多く言われているのは“脳の機能障害”によって起こるという説です。
脳には危険が迫ったときに警告をしてくれるノルアドレナリンという神経伝達物質を生成する青斑核(せきはんかく)という部分があります。
このノルアドレナリンの分泌に異常が起こることで、脳の警告装置が誤作動を起こしてしまい、危険ではないのにノルアドレナリンを過剰分泌させてしまうと、必要以上に不安感を増し、パニック発作を引き起こすといわれています。
また、セロトニンという神経伝達物質(ノルアドレナリンが過剰分泌されないよう抑えてくれる)が不足してしまうこともパニック障害の原因の一つだと言われています。


高校受験勉強法マニュアルDVD | 口説かずに女が落ちる究極の方法 | プログラマー学校

患者さんの性格的傾向

イギリスのマークス教授は、パニック障害の患者さんが持つ性格特性として「心配性」「依存的」「協調的」「気がやさしい」という傾向があると言っています。
また、オックスフォード大学の教授で、デビット・クラーク博士は、パニック発作を頻繁に起こしてしまう人は、何の危険もないような状態でも、重大で危険な状態かのように受け取って、非常にその状態を恐れ、不安になる傾向があると言っています。
これは、パニック障害の原因が、こういった性格傾向であるからということではありませんが、あまり神経質であるよりは、図太いぐらいの人のほうがいいのかもしれませんね。


アルトサックス講座 | バレーボール上達方法 | キャバ嬢口説きテクニック

パニック障害は遺伝する?

遺伝的な要素があるのかどうかは気になるところですが、いくつかの信頼おける調査によると、普通の一般の健康な人に比べてパニック障害の患者さんの家族には、パニック障害を患ったことがある人が8~10倍も多いというデータが出ています。
また、双子の兄弟の場合、片方の方がパニック障害を発症した場合、もう一人の方も同じようにパニック障害になる確率は、一卵性の場合で24%、二卵性の場合でも11%という報告があります。
ですが、実際にはパニック障害の遺伝子というのは発見されていません。
ですから医学的には遺伝する病気ではないと言えるのです。


公務員面接試験一発合格 | 二級建築士 簡単合格法 | 英検1級突破講座