治療にかかる期間

個人差がありますが、パニック障害だということに早く気が付くことができて、専門医のいるクリニックで治療を開始すれば、早い人で3カ月もすれば治まる人もいます。
薬が非常に有効に作用するので、治療が早ければ、服薬を始めてから1、2カ月間くらいでほぼ完全にパニック発作の症状を抑えることも可能です。
ただ、治療の間にうつ病や睡眠障害、アルコール中毒、過食症など、ほかの病気を併発してしまい、パニック障害を慢性化させてしまった場合は、かなり長引く場合もあります。
5~10年ぐらい治療をつづけている方も少なくありません。


初心者の為の中国語講座 | フランス語上達法 | 日商簿記検定2級短期合格

服薬は続けることが大事

パニック障害が完治したと思っても服薬は続けることが大事です。
パニック発作もなくなり、外出することもできるようになり、今まであった不安感も安らぎ、薬を飲まなくても普段と変わりなく過ごせるようになったら、大抵の患者さんは服薬を止めてしまいます。
自分は完全に治った、パニック障害の治療が完了した、と思われるわけです。
ですがパニック障害の患者さんからデータを取った結果、治療が完了したと思って服薬を中止した患者さんのうち、約8割の患者さんにパニック障害の再発が見られたということです。
ですから、お医者さんからOKのサインが出るまで、自己判断で治療を完了したと思わずに、1年ぐらいは服薬を続けることが、正しい方法です。


韓国語上達法 | 英会話上達法 | TOEIC完全攻略方程式